ここから本文です

台風1号(ヴォンフォン)発生 5月に「1号」は4年ぶりの遅さ

5/12(火) 22:24配信

ウェザーニュース

 5月12日(火)21時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風1号(ヴォンフォン)になりました。

▼台風1号 5月12日(火)21時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北 ゆっくり
 中心気圧   1002 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

今後はフィリピン方面へ

 今後は北上し、フィリピンに接近・上陸する予想です。その後は進路を北東に変えて、勢力を弱めながら沖縄の南を進むとみています。

 台風が直撃しない場合でも、沖縄付近の梅雨前線に湿った空気を送り込み、前線の活動を活発化させる可能性もあります。今後の情報に注意してください。

やや遅めの時期の台風1号発生

 台風の発生は、昨年12月28日に熱帯低気圧に変わった台風29号以来で、約4か月半ぶりとなります。

 台風1号の発生時期としてはやや遅めで、7月に発生した2016年の台風1号以来、4年ぶりに遅い時期の発生と言えます。

 平年の5月の台風発生数は1.1個となっていて、台風の発生が増え始める時期です。ウェザーニュースでは、引き続き状況の監視を行い、新しい情報が入り次第お伝えします。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風1号の名前「ヴォンフォン(黄蜂/Vongfong)」はマカオが提案した名称で、「すずめ蜂」を意味します。

ウェザーニュース

最終更新:5/12(火) 23:29
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事