ここから本文です

大間違い!男の子は性被害にあわないという思い込み

5/12(火) 22:05配信

All About

◆見過ごされやすい男児の性被害

「女の子は性被害にあう可能性があるから心配だけど、うちは息子だから安心」そんな書き込みをネットで見かけました。そうであってほしい、という気持ちもあるのかもしれません。しかし、こうした大人の思い込みが、男児への性被害を見えなくしてきました。

日本では、13歳までに女の子の6.4人に1人、男の子の17.5人に1人がなんらかの性被害にあっているというデータがあります(日本性科学情報センター「子どもと家族の心と健康 調査報告書」1999年)。18歳までに広げると、女子は2.5人に1人、男子は10人に1人と跳ね上がります。男の子にとっても、性被害は他人事ではないのです。

男児への性被害は、肛門性交に限りません。肛門に指や異物を挿入されたり、加害者の性器を舐めさせられたり、性器を見せられたり、服を脱がされて性器や体を舐められたり、服の上から性器を触られたり、無理矢理キスされたり、アダルト雑誌・動画を見せられたり、目の前で自慰することを強要されたり、服を脱がされて撮影されたりするのも、すべて性暴力です。

◆多くの加害者は男性

もちろん女性から男性への性加害もあります。同意のない性的な行為はすべて性暴力だからです。しかし、男児に性加害する人のほとんどは男性です。また、彼らが同性愛者かというと、そうとは限りません。

なぜなら、性暴力というのは、性欲のみが動機ではなく、支配欲や征服欲などと強く関連した暴力だからです。

◆軽視されてきた男児への性被害

2017年6月、性犯罪に関わる刑法が改訂されました。明治40年の「監獄法」の制定以来、なんと110年ぶりの改訂でした。

刑法改正のポイントは、以下のようなものです。

▼罪名の変更「強姦罪」→「強制性交等罪」

被害者の性別を問わなくなった(強姦罪では被害者は女性に限られていた)

▼厳罰化

強姦罪の法定刑の下限 懲役3年→5年に引き上げられた。

▼非親告罪化

被害者の告訴がなくても起訴できるようになった。

▼親などの監護者による子どもへの性的虐待を処罰

18歳未満の人に対して、親などの子どもを監督・保護する立場の人からのわいせつな行為は、暴行や脅迫がなくても処罰されることになった。

以前の法律では、強姦罪は女性の膣へのペニスの挿入のみが対象となっていて、肛門性交も口腔性交(口淫・フェラチオ)も、強姦罪より軽い「強制わいせつ罪(懲役6か月以上10年以下)」しか適用されませんでした。3年以下の実刑には執行猶予がつくことも多く、そのため、男性や男児への性暴力はたいした罪ではないと考えられがちでした。

それには、監獄法が作られた明治時代の価値観が大きく影響しています。

当時は、家長を中心とする「家父長制度」のもと、女性は「結婚するまでは父に従い、結婚したら夫に従い、老いたら息子に従う」ことを求められていました。女性は家長の「持ち物」で、血縁をつなぐための「産む道具」としての役割が大きかったため、妊娠の危険を伴う強姦は「血統を汚す行為」「家長の名誉や財産の毀損」だと位置づけられていたのです。

ほんの数年前まで、男性も被害にあう「強盗罪」が懲役5年以上の罪で「強姦罪」が3年以上と、女性の被害者しか想定していない「強姦」が軽視されていたのも、その頃の時代背景がそのまま持ち越されていたためです。しかし、強姦罪さえも適用されなかった男児への性被害は、それよりもさらに軽視されてきたといえます。

1/2ページ

最終更新:5/12(火) 22:05
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事