ここから本文です

楽天モバイル、無料サポータープログラムから「Rakuten UN-LIMT」に変更する方法

5/12(火) 20:00配信

BCN

 楽天モバイルが4月8日からキャリア事業の正式プランとして展開している「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天の独自回線を利用する限り月額2980円で使い放題のプランで、300万人を対象に1年間無料で提供する。先行する形で2019年10月に5000人、20年2月に2万人を対象に実施してきた「無料サポータープログラム」の終了期限が5月31日に迫ってきた。ここでは、無料サポータープログラムからRakuten UN-LIMITに変更する方法を紹介しよう。



 

 先に断っておくが、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITはau回線を使ったローミングなどがよく話題に取り上げられるが、プランのメリットやデメリットについては、これまで取り上げてきたし、他のメディアでも多く取り上げられているので、それらの記事を参考した上で判断してほしい。

<関連記事>
Rakuten UN-LIMITってどう? 疑問点まとめ
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200411_167653.html

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」本日開始!
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200408_166903.html

 ここでは、Rakuten UN-LIMITに変更する方法を紹介する。無料サポータープログラムを申し込んでいる人はアーリーアダプターが多いと思われるので、変更操作は問題ないだろうが、最初の入口を間違えると、新しい携帯電話番号の選択やMNP(ナンバーポータビリティ―)の画面に遷移していくので注意したい。

 まず、my楽天モバイルのアプリやウェブサイトを立ち上げたら、自分の電話番号の下に小さく表示されている「契約プランを表示」を選択する。ここが変更作業の入口だ。
 

 無料サポータープログラムを申し込んだ際、右上にある三本線のメニュー画面から申し込んだ記憶があるから、そこから入ってしまうと先述した新しい電話番号が三つ表示されて、いずれかを番号を選ぶ画面やMNPの手続きが求められたり、挙句にはすでに登録済みの本人確認の作業が求められたりするので気をつけよう。
 

 最初の入口さえ間違わなければ、あとは簡単だ。「契約プランを表示」をタップして表示された画面から「プランを変更する」を選ぶ。無料サポータープログラムの100GB無料プランからRakuten UN-LIMITに変更する画面に移る。
 

 すると、Rakuten UN-LIMITの下に月額2980円が1年間無料であることを示す「0円」が確認できるだろう。「データ容量5GB」とあるのは、4月22日に当初のau回線接続時の月間データ容量2GBだったのを、5GBに変更して「Rakuten UN-LIMIT 2.0」としてバージョンアップしたためだ。5GBを使い切った後の速度も最大1Mbpsと当初よりスピードアップした。

 さて表示された各種項目をチェックしながら、オプションが必要であれば選択、必要なければそのままスクロールして、一番下の「この内容に変更する」を選ぶ。オプションメニューを選択しなければ合計金額は0円になる。
 

 

 次に念押しのプランの変更の確認画面が表示されるので、「この内容で次に進む」を選ぶ。
 

 飛んだ先の「申し込み内容の確認」画面を見ると、無料サポータプログラムの100GB無料プランからRakuten UN-LIMITに変更されていることが分かる(この時点でまだ完了ではない)。申込内容を確認したら再びスクロールして一番下の「支払い設定へ進む」を選択する。
 

 

 最後は、重要事項説明書と利用規約を確認して「同意」にチェックを入れると、実際の処理画面作業に移り、変更申込受付の処理中であることが示される。
 

 

 変更受付が完了すると、個別の申込番号が発行される。なお、契約は瞬時に切り替わるわけではなく、正式なRakuten UN-LIMITの適用は6月1日からとなるので5月いっぱいはこれまでのプランとなる。申込番号の下に「プランの変更予定日 2020.06.01」と記されているのが、そのことを意味する。
 

 また、この画面はmy楽天モバイルアプリを立ち上げたときのホーム画面となり、電話番号の下の「契約プランを表示」を選んでも、「サービスの設定が更新されるまでしばらくお待ちください」となるだけとなる。最初の入口さえ間違わなければ、問題なくプランを変更できるだろう。(BCN・細田 立圭志)

最終更新:5/12(火) 20:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事