ここから本文です

まるで肉のような食感のジャックフルーツがベジタリアンブームの英国で脚光

5/12(火) 20:00配信

日本食糧新聞

ベジタリアンブームのなかで新たに英国市場に登場したジャックフルーツが、ヘルシーな肉の代替品としていま注目を集めている。ジャックフルーツの人気の背景や商品化の利点などを紹介する。

【すべての関連画像を見る】まるで肉のような食感のジャックフルーツがベジタリアンブームの英国で脚光

インドでは大半が捨てられていたジャックフルーツ

環境保護や健康意識の高まる英国では、肉の消費量が年々減少し、フレキシタリアンやベジタリアンが増えている。そのため、肉の代替品への関心が高まっており、マイクロプロテイン製品や豆腐、キヌア、豆類の消費量が増加している。そこに新たに登場したのがジャックフルーツだ。

ジャックフルーツは、インド南部のケララ地方の特産物として知られている。東南アジアでは主に料理に使われている。アジア最大の果実とも呼ばれ、長さ70cm幅40cm重さ40~50kgに達することもあり、果肉は熟すと甘くなる。肉の代替用にする場合は熟す前に収穫し、インドから輸出される。英国のスーパーでは、缶詰や冷凍食品として入手可能だ。

2017年に脚光を浴びるまで、このフルーツは低所得者層の食べ物として認知され、インドでは大半が捨てられていた。ところがピンタレストで2017年のトレンド商品として紹介されブームとなった。

英国紙ガーディアンの報道では、欧米のベジタリアンブームで、インドのケララ州の2018年のジャックフルーツの輸出量は500トンを記録し、2019年には800トンになったと推定されている。

参考サイト:Quorns Mycoprotein Not Safe, CSPI Tells FDA, Again | Center for Science in the Public Interest(英語)Jackfruit is a vegan sensation – could I make it taste delicious at home? | Food | The Guardian(英語)What does jackfruit taste like? Business Insider(英語)

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 8:22
日本食糧新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事