ここから本文です

高校生あるあるネタ話題の土佐兄弟 おうち時間使い、自宅にミニチュア教室“開校”

5/12(火) 19:44配信

スポーツ報知

 高校生あるあるネタで話題のお笑いコンビ・土佐兄弟が、おうち時間を使い、自宅にミニチュア教室「おうち教室」を“開校”したことが12日、分かった。

 4月放送のテレビ朝日系「お願い!ランキング」で、「今、人気のTikTokerランキング!」の6位に入るなど人気沸騰中。高校生あるあるネタでTikTokの総再生回数4億回を誇るが、撮影に使用していたのは、実際の学校の校舎や敷地内。新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、学校での撮影がかなわない現状を打破するため、2人で話し合い、自宅にミニチュア教室を開設することに決めた。

 おうち時間を利用し、兄弟で1日かけて作業。“土佐クラス”を完成させた。弟の土佐有輝(25)は「毎日18時にインスタグラム、TikTokに『高校生ゆうきの日常』と題した高校生あるある動画を投稿しています。5月の頭までのストックはあったのですが、ストックが切れかかっていました。悩んでいたところ、学校に行けないなら、実家の使ってない部屋を改装して作っちゃえということで『おうち教室』を作りました」と説明。「学校に行けない中、僕の動画を見て、少しでも学校に行った気分になってほしいという思いです。高校生ゆうきは、今日も元気に自分の部屋の隣の教室に登校します。学校に通えるその日まで、土佐兄弟と一緒に青春気分を味わってもらえたら最高です」とコメントした。

 兄の土佐卓也(32)も「動画を撮影するにあたり、学校や外での撮影ができないため、何か方法はないかと話し合ったのが、一昨日(10日)の夜。家でのあるあるもいいけど、教室で撮りたい。急きょ実家の一室を教室にしちゃおうと、おうち教室計画を実行しました。ステイホームということで、一日中兄弟そろって家にこもり作成。構想を練ってから総作成時間は、丸1日ほど、費用は1万5千円程度です。少しでも学校の雰囲気が出せて、動画を見る方にも、教室にいる気分を味わってもらえれば幸いです」と話した。

報知新聞社

最終更新:5/12(火) 19:48
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事