ここから本文です

川崎希、アベノマスクを子ども用に“簡単リメイク” 「嫌がらずつけてくれたよ」

5/12(火) 20:13配信

スポーツ報知

 元AKB48のタレントでアパレル会社社長でもある川崎希(32)が12日までに自身のブログを更新し、「おちびーぬ」こと17年8月に生まれた長男用のマスクを“リメイク”で作ったと明かした。

 川崎は「子ども用のマスク」のタイトルで、「子ども用のマスク おちびーぬがつけられるマスクをもってなかったから 国から届いたマスクの1つをあえて乾燥機に強めにかけて小さくさせたよ」と報告。

 モデルの夫・アレクサンダー(37)が長男を抱く写真を添え、「ゴムの部分も短く縛ったら子ども用マスクの完成 あまり嫌がらずつけてくれたよ」と、“アベノマスク”の意外な“リメイク法”をつづった。

 川崎は4月6日に婦人科系の病気で入院。その後、退院予定が数度延び、27日のブログで退院を伝え、28日のブログでは「3週間ぶりに会ったおちびーぬ 大きくなって話す言葉も増えてる 入院中はずっと面会出来なかったから毎日ずっと会いたかったよ~ やっと会えた」と再会を喜んでいた。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 5:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事