ここから本文です

デフォルト国、今年は過去最多となる公算が大きい-フィッチ予測

5/12(火) 20:21配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 格付け会社フィッチ・レーティングスは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や石油価格の崩壊が信用力の弱さに拍車をかけ、2020年は恐らく今後も複数の国がデフォルト(債務不履行)に陥るとの見方を示した。

同社のロンドン在勤アナリスト、エド・パーカー、トニー・ストリンガー両氏は電子メールでリポートを発表。今年は既にアルゼンチンとエクアドル、レバノンの3カ国が債務不履行を起こしており、フィッチの格付け対象となっている国のデフォルト数として2017年に並ぶ過去最多だと指摘した。

今年最初の4カ月に格下げされた国もこれまでで最も多い29カ国に達しており、強い格下げ圧力があるとみている。

原題:Government Defaults Set for Record in 2020, Fitch Ratings Says(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Selcuk Gokoluk

最終更新:5/12(火) 20:21
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事