ここから本文です

残高最大のAI関連アクティブファンドが初の5ツ星獲得、新規5ツ星ではIoT関連シリーズに注目

5/13(水) 16:50配信

モーニングスター

 20年4月末時点でモーニングスターレーティング付与対象のファンドは4349本となり、前月より16本減少した。同月末時点における純資産残高が10億円以上、かつ前月とカテゴリーが同一のファンド(以下、同条件)は2728本で、うちレーティング新規15本、上昇244本、変わらず2248本、低下221本という内訳であった。以下、同条件でレーティングが5ツ星に上昇したファンド、及び新規に5ツ星を獲得したファンドについて取り上げる。なお、レーティングは運用実績3年以上のファンドを対象としている。

「グローバルAIファンド」3年リターンはカテゴリー内上位9%

 レーティングが5ツ星に上昇したファンドは54本あり、そのうちモーニングスターの大分類別では国際債券型が18本で最も多く、国内株式型13本、バランス型11本が続いた。

 今回注目される5ツ星への上昇ファンドは、三井住友DSアセットマネジメントが運用する「グローバルAIファンド」(以下、当ファンド)。モーニングスターレーティングは前月の4ツ星から上昇し、19年9月の付与開始後初めて5ツ星を獲得した。

 当ファンドは、実質的に、日本を含む世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化・応用による高成長が期待される企業の株式に投資。具体的には、AIテクノロジーの開発のほか、AI開発に必要なコンピューティング技術やAIを活用したサービス・ソフトウェアの提供企業、AIを活用したサービスの使用により成長が見込まれる企業などに投資する。ドイツのアリアンツ・グループ傘下の米運用会社であるアリアンツ・グローバル・インベスターズU.S.LLCが実質的な運用を行う。20年4月末時点において、国内公募追加型株式投信(ETF除く)のうちファンド名に「AI」「人工知能」を含むアクティブファンドは20本あるが、当ファンドは同時点の純資産残高が1906億円とAI関連アクティブファンドの中で最大である。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 16:50
モーニングスター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事