ここから本文です

【見逃したあなたに】ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将 -」5話までのあらすじ

5/13(水) 7:14配信

Rallys

ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」(日本テレビ系)が佳境を迎えている。今夜13日(水)24:59~第6話が放送されるが、これまでの第5話までを見逃してしまったというあなたのために、簡単にあらすじをおさらいしておこう。

【写真】次期部長を目指して奮闘する大久保利一(福田佑亮)

舞台は“卓球ですべての序列が決まる時代”

舞台は空前の卓球ブームが巻き起こる20XX年の東京、卓球ですべての序列が決まる時代。東東京の頂点には薩川大学付属渋谷高校が君臨し、すべての高校は薩川の傘下に置かれていた。

そこに挑むのが主人公の高杉律(佐野勇斗)が通う新進気鋭の恵比寿長門学園、通称エビ高。部長の松陰久志(北村匠海)や、エースの桂光太郎(古川毅)と共に、「この狂った時代を終わらせる」と立ち上がる。

光太郎が襲われる

いよいよ薩川大学付属渋谷高校との決戦の日、エビ高のエース、光太郎が他校の卓球部に襲われ、けがをしてしまう。
決戦は10日後に延期となるが、「そもそも卓球で序列を決めているせいだ」と、部長の松陰は改めて薩川を倒して、この狂った時代を終わらせることを誓う。

薩川の次期部長争い

薩川の副部長大久保利一(福田佑亮)は、次期部長を目指して日夜練習に明け暮れていたが、部長の島津晃(小笠原海)は卓球の実力では西郷吉之助(草川拓弥)が部長にふさわしいと話したのを聞いてしまい、次期部長を決める総当たり戦を提案する。しかし、実力で劣る大久保は、西郷に惨敗し2軍行きを宣告されたのだった。

薩川卓球部の結束

しかし、部内からの人望の厚い大久保を部員たちがサポートする。大久保は西郷に教えを乞い、猛練習の末、自らの足りないところに気づいていく。八王子南高との練習試合を通して、薩川の部員もまた、卓球によって結束を高めていくのだった。

第6話は5月13日放送

5月13日(水)24:59~放送の第6話では、薩川との頂上決戦を控えたエビ高に、突然ランク7位の浅草雷門高校が試合を申し込んでくる。エースの光太郎と部長松陰を負傷で欠くなか、高杉は今のエビ高にどこか不安を抱いていた...

薩川高校の部員たちのキャラクターも見えてきた「FAKE MOTION -卓球の王将-」。
作品の舞台化も発表されて盛り上がる本作品から、ますます目が離せない。

ラリーズ編集部

最終更新:5/13(水) 7:14
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事