ここから本文です

発売開始「Surface Go 2」vs.「iPad Pro」比較レビュー…テレワークとクリエイティブの体感性能を探る

5/13(水) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

現在のタブレット市場を主導しているのは、アップルの「iPad」であることは間違いない。一時期に比べると新製品を投入するメーカーが減ってしまっているからだ。

【全画像をみる】発売開始「Surface Go 2」vs.「iPad Pro」比較レビュー…テレワークとクリエイティブの体感性能を探る

その中で、アップルに対抗するように製品を出しているのがマイクロソフトだ。5月4日、マイクロソフトは、同社の低価格タブレット型PC「Surface Go」の第二世代モデル「Surface Go 2」を発表した。日本でも5月12日より出荷される。

Surfaceというシリーズは、iPadの影響の中で生まれた製品であるのは間違いない。一方、双方ともに初代モデルの登場からはかなりの時間が経過し、商品性も大きく変わってきている。

だからこそ、ここであえて「今のiPadと今のSurface」を、コンセプトから比較してみたい。そうすることで、「個人用コンピュータ」の置かれた状況が見えてくるからだ。

iPad ProはMagic Keyboardの登場で一層「作る道具」になったが……

Surface Go 2と比較するのは、この春に発売した「iPad Pro」と「Magic Keyboard」の組み合わせだ。

この両者は、価格面で同格という訳ではない。もっとも安価な製品同士で比較しても、4万円近い価格差がある(表参照)。今回のテストでは、筆者の手元にあったiPad Proが12.9インチモデルなので、価格的にはさらに大きな差になっている。

そのため「この比較は不公平なのでは」と思う人がいるだろう。それは理解している。

ただ、今回はあえてこの組み合わせで比較したいと思う。なぜなら、Magic Keyboardが出たことで、iPad Proの位置づけは大きく変わったからだ。「現在のiPad」と「現在のSurface Go」を比較する上で、特徴的な部分がもっとも見えやすいのがこの組み合わせだ、というのが筆者の意見だ。

「良質な仕事の道具」としての2機種の立ち位置

では、その特徴とはなにか? それは「コンテンツ制作に対する考え方」だ。

従来、「文章などを作るにはPCが向いていて、iPadなどタブレットはコンテンツを見るためのものだ」と言われてきた。たしかにそれはその通りな部分があった。

しかし、現在その常識は通じなくなっている。iPad Proクラスになれば、多数の「なにかを作るためのアプリ」が増えているからだ。マイクロソフト・オフィスやフォトショップなど、PCを代表するようなアプリの多くはiPadにも登場しており、一方で、カメラやペンを使った新しいグラフィック系アプリについては、PCよりもiPadの方で新アプリの開発が広がっている。

節目が変わった理由は、「iPadは有料アプリが売れる環境」だからだ。

PC用ソフトは売れづらくなり、ほとんどがウェブサービスになった。一方でiPadではAppStore経由でアプリがまだ売れるので、ビジネス的にはそちらにシフトしているのだ。

さらにMagic Keyboardが登場したことで、「文字」に関わる部分でも環境が大きく変わった。Magic Keyboardは非常にタイプが快適で、iPadOSも改善により、文字変換の精度・速度・快適さが増している。まだ独特のクセはあるが、もはやPCやMacと同等以上の快適さだと、筆者は思う。実はこの原稿自体もiPad Pro+Magic Keyboardで執筆している。

それに比べると、Surface Go 2のキーボードは「悪くない」レベルであり、相変わらず膝の上ではタイプしづらい、という欠点を抱えている。特に11インチくらいまでのキーボードは、どれも多少配列が特殊であり、タイプし辛さを抱えやすい。

これはiPad Proの場合も、11インチモデルならば同じような課題があるので、Surface Go 2だけの問題、というべきではないことは注記しておく。

キーボードについてはBluetoothなどで外付けすればいいので、専用キーボードが決定的な価値を持つわけではない、という話もある。けれども、専用キーボードはある意味「象徴」だ。アップルがMagic Keyboardを作り、その使い勝手が極めて良好であるということは、「iPadがコンテンツを作るために使えるデバイスである」という印象を強くするものでもある。

1/3ページ

最終更新:5/13(水) 19:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事