ここから本文です

スカイマーク、5月の国内線86%減便

5/13(水) 14:45配信

Aviation Wire

 スカイマーク(SKY/BC)は、国内線全21路線を対象に運休や減便を継続する。期間は5月23日から31日までで、計画の86%にあたる1185便、5月全体では4150便が対象になる。

 仙台と成田、茨城、中部、長崎、奄美の6空港は全便運休を継続。運航路線は21路線のうち7路線で、期間中は198便を運航する。

 羽田-札幌(新千歳)線の場合、計画では1日10往復運航予定だったが、減便後は22日までと同じ1日3往復。1日11往復の羽田-福岡線は同2往復、同8往復の羽田-神戸線は同2往復など、大幅な減便が続く。

 1日からは中央席の販売を中止。同社が運航するボーイング737-800型機は1列6席で、通路をはさみ左右3席ずつの配列となっており、窓側と通路側の1列4席のみ販売し、中央のB席とG席は販売しない。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:5/13(水) 14:45
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事