ここから本文です

「隕石家族」この寓話性かなり凄い コロナ禍と重なる日常

5/13(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

碓井広義【テレビ 見るべきものは!!】

 土曜深夜の「隕石家族」。設定がふるっている。数カ月後に巨大隕石が地球に衝突。人類滅亡は不可避だ。そんな中、東京で暮らす、ごくフツーの家族に何が起きるのか。

 最初に動いたのは門倉和彦(天野ひろゆき)の妻、久美子(羽田美智子)だ。高校時代に憧れた片瀬(中村俊介)を探し出し、付き合い始める。言い分は「自分の気持ちに正直になりたい!」。

 和彦は片瀬と同じ鉄道模型マニアを装い、妻の不倫相手に接近。ところが片瀬を好きになってしまう。BLの目覚めだ。

 長女の美咲(泉里香)は、担任だった女性教師への気持ちが抑えられない。

 また次女の受験生、結月(北香那)もカレシである翔太(中尾暢樹)を家に住まわせている。つまり、誰もが「最後の日々」を逆手にとって、自由に生きるようになったというわけだ。

 ところが、事態は急変する。なんと隕石がコースを変えたのだ。戻ってきた日常。そうなると、「緊急事態」の最中に、それぞれが「やらかした」ことのツケが回ってくる。地球は元通りになっても、人間のほうは簡単に元には戻れない。

 いや、この寓話性はかなり凄い。やがてコロナ禍が終息した時、この社会と人間の意識はどんな変貌を遂げているのか。そんな妄想までしてしまう。脚本は「天地人」「花燃ゆ」などの小松江里子。後半戦もスリリングな展開になりそうだ。

(碓井広義/メディア文化評論家)

最終更新:5/13(水) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事