ここから本文です

米ホワイトハウスで着用広がるマスク 端に「Made in Taiwan」

5/13(水) 16:53配信

中央社フォーカス台湾

(ワシントン中央社)新型コロナウイルス対策でマスクの着用が広がる米ホワイトハウス。マクナニー米大統領報道官やトランプ大統領の娘婿であるクシュナー上級顧問が11日の会見でつけていたマスクの端には、台湾製であることを示す「Made in Taiwan」の文字が入っていた。関係者によれば、台湾から寄贈されたマスクだという。

ウイルスの感染が世界的に広がる中、連携を強める台湾と米国。台湾から寄贈されたマスクは、医療従事者や政府関係者に提供されたほか、備蓄用にも回されたという。3月中旬には防疫に関する台米間の共同声明が発表され、台湾からはマスクを週10万枚寄贈し、米国は防護服30万着分の原料を台湾のために確保したことが明らかにされた。

(江今葉/編集:楊千慧)

最終更新:5/13(水) 16:53
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事