ここから本文です

夢ある吉江(福光)考えよう 地域づくり協が絵画や作文募集

5/13(水) 22:25配信

北日本新聞

 南砺市吉江地区(福光)の吉江地域づくり協議会(得能金市会長)は、「地域の未来」をテーマに、住民から絵画や作文などの作品募集を始めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅で過ごす時間が増す中、地域の未来について思いを巡らし、前向きな気持ちになってもらうのが狙い。 (湯浅晶子)

 同地区には3月末現在で1371世帯、3749人が暮らす。休校や外出自粛が続いていることを受け、同協議会で住民のストレスを心配する声が上がり、作品を募集することにした。

 テーマは「未来の私の吉江」。園児から小中学生までの子ども部門と、高校生以上の大人部門を設ける。絵画や作文、工作など作品ジャンルは問わない。応募期間は7月31日までで、9月に開催予定の地区敬老会・文化祭で審査結果の発表と展示を行う。

 同協議会生涯学習部会の中川賢一部会長は「自宅での時間を有効活用してもらうとともに、地域に夢を抱いてもらうきっかけになればいい」と話している。事業は北日本新聞社後援。

最終更新:5/13(水) 22:25
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事