ここから本文です

古里の味で学生応援 南小国町、5000円分送付へ

5/13(水) 11:37配信

熊本日日新聞

 熊本県南小国町は、新型コロナウイルスの影響で経済的に困っている町出身の学生に、無償で食料を送る取り組みを始めた。13日に受け付けを始める。県町村会などによると、自治体による学生への食料支援は県内では初めて。

 町の進学希望者は高校卒業後、熊本市内や他県に移り住むケースがほとんど。今年はコロナ禍で大型連休に帰省できなかったり、アルバイトができなかったりした学生が多かったため、支援を決めた。

 対象は町内の小中学校を卒業した大学生や短大生、専門学校生など。町に住民票がある保護者が申請する。

 町内で取れたコメや野菜のほか、漬物やヨーグルトなど約5千円分に、家族からの応援メッセージを添える。町教育委員会で19日まで受け付け、25日から冷蔵便で発送する。

 高橋周二町長は「古里の味で困っている学生を励ましたい。コロナ終息後、笑顔で南小国町に帰って来てほしい」と話した。町教委TEL0967(42)0047。(木村馨一)

最終更新:5/13(水) 11:37
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事