ここから本文です

《新型コロナ対策》常陸太田市教委、家庭学習用共通ワークシート作成

5/13(水) 11:00配信

茨城新聞クロスアイ

常陸太田市教育委員会は、新型コロナウイルス感染防止のために市内の小・中学校の一斉臨時休校が続く中、市内共通の家庭学習用ワークシートの作成を始めた。教科書を用いながら家庭で自主的に進めることのできる市内統一の様式で、自宅にいる児童生徒の家庭学習を支援する。18、19日に予定している登校日に各児童生徒に配付する。

休業中の学習支援はこれまで各学校で教員がプリントなどを用意したり、学習動画の案内をしていた。1人の教員が複数の教科を作ることもあった。共通ワークシートの作成は各小中学校が学年別や教科別に担当して統一の様式で作ることで、児童生徒が同じ条件で学習できることや、教員の負担軽減にもつながる。

本年度の指導計画に基づく学習内容を教科書を使って家庭で自主的に進められる内容で作成。ワークシートで配付することで家庭のネット環境にかかわらず、市内の全児童生徒が学習に取り組めるようにする。

茨城新聞社

最終更新:5/13(水) 11:11
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事