ここから本文です

【次走】サトノインプレッサは坂井瑠星騎手と日本ダービーへ「驚きすぎて言葉が…」

5/13(水) 19:38配信

netkeiba.com

 10日のNHKマイルC(GI)で13着だったサトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は、坂井瑠星騎手との新コンビで、5月31日に東京競馬場で行われる日本ダービー(GI・東京芝2400m)へ向かうことがわかった。

【写真】サトノインプレッサこれまでの軌跡

 サトノインプレッサは父ディープインパクト、母はサンチャリオットS(英G1)3連覇のサプレザ、その父Sahmという血統。デビューから無傷3連勝で毎日杯(GIII)を制した。通算成績は4戦3勝。

 矢作芳人厩舎所属の坂井瑠星騎手はデビュー5年目で、日本ダービー当日が23歳の誕生日。自身のみならず、同期の藤田菜七子騎手、荻野極騎手らに先駆けて、この世代では初のダービー騎乗となる。

【坂井瑠星騎手のコメント】
「まずはこのような機会を与えていただいた里見オーナー、矢作先生、そしてサトノインプレッサに関わる全ての方に感謝しています。

 昨日の昼にダービーに乗れるという電話を矢作先生からいただいた時は、驚きすぎて言葉が出ませんでした。

 ダービーはどの国でも特別なレースですし、一番勝ちたいレースでもあります。乗るからにはしっかりと準備をし、サトノインプレッサのベストパフォーマンスを発揮して良い結果を残せるように、レースまでの時間を過ごしていきたいと思います。

 コロナウイルスによって無観客競馬が続いています。ファンの方がいない競馬はとても寂しく慣れないですが、テレビの前で応援していただけると嬉しいです」

最終更新:5/13(水) 21:36
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事