ここから本文です

フランスパンで距離意識、宮崎 コロナ感染の収束願い

5/13(水) 5:04配信

共同通信

 宮崎市にあるパン店「リビエール」が、長さ1メートル以上あるフランスパンの販売を始めた。新型コロナウイルスの感染対策「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」を意識してもらおうと、2本セットで売り出す。店員の押川裕一郎さん(41)は収束を願いながら、店の工房で1日10本ほどを手作りする。

 パンはインターネット通販サイト「やお九州」でも購入できる。価格は2本セットで3500円(送料無料)。店頭では1本千円からでも購入できる。原料の小麦は主に宮崎県産を使用し、地元農家の利益にも貢献したい考えだ。押川さんは「自粛が続く生活に明るい話題を届けたい」と話した。

最終更新:5/13(水) 5:16
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事