ここから本文です

Google Play Music年内終了 YouTube Musicへの移行機能を提供開始

5/13(水) 16:00配信

アスキー

YouTube、2020年後半に「Google Play Music」を終了。音楽ライブラリや設定、プレイリストなどを「YouTube Music」に簡単に移行できる機能を提供する。

 YouTubeは5月13日、公式ブログにおいて、2020年後半に「Google Play Music」を終了する予定であると明らかにした。
 
 それにともない、Google Play Musicの音楽ライブラリや設定、プレイリストなどを「YouTube Music」に簡単に移行できる機能を提供開始した。手順は以下のとおり。
 
1.YouTube Musicアプリ(iOS/Android)をダウンロード。
 
2.YouTube Musicを立ち上げ、〔移行を開始〕ボタンをタップすると、これまでGoogle Play Musicにアップロードした音楽、購入した音楽、追加した曲とアルバム、作成したプレイリストと登録したプレイリスト、高評価と低評価、編成プレイリスト、好みの設定がすぐに移行される。
 
3.更新されたおすすめコンテンツが、YouTube Musicのホーム画面にすぐに反映される。移行が完了して音楽ライブラリを〔ライブラリ〕タブで表示できるようになると、メールと通知機能で知らせる。
 
 今後、Google Play Musicユーザーに向けて、Google Play Musicの視聴履歴やコンテンツの移行に関する詳しい手順を記載したメールを送るという。
 
 なお、Google Play MusicとYouTube Musicの価格に変更はない。広告が表示されるYouTube Musicは無料。広告が表示されずバックグラウンド再生やオフライン再生が利用できるYouTube Music Premiumは月額980円。YouTubeのすべての動画を広告表示なしでバックグラウンド再生やオフライン再生できるYouTube Premiumは月額1180円から。
 

文● ASCII

最終更新:5/13(水) 16:00
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事