ここから本文です

DeNA・南場議長一問一答「経営基盤の充実は重要な問題」 臨時オーナー会議

5/13(水) 7:30配信

デイリースポーツ

 日本野球機構(NPB)は12日、オンラインによる臨時のオーナー会議を開いた。議長を務めたDeNA・南場智子オーナー(58)は試合数、無観客開催の影響について「かつてない危機となる状況」と表現。今後、12球団で打開策を探っていく方針で一致した。また、11日の12球団代表者会議で一致した開幕目標について確認。6月19日、26日、7月3日を軸に進めていることも明らかになった。

  ◇  ◇

 -感染を巡る状況の認識は。

 「地域によって違うが、楽観視する状況ではないということで一致した。ただ、野球を届けたいということはある。緊急事態宣言が解除されたら、しっかりと速やかに準備をする」

 -減収は避けられない。どう対応していくかという話は出たか。

 「非常に減収のインパクトは大きい。経営だけではなく選手、ファンへの影響もある。力を合わせて乗り越えていこうということで一致した」

 -各オーナーからはどんな意見が。

 「今季、非常に厳しいというところは情報の共有はあった。やはり、経営基盤を安定的かつ健全にしていかないと、プロ野球そのものがしっかりと存続していく保証にならないので、経営基盤の充実は重要な問題」

最終更新:5/13(水) 8:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事