ここから本文です

全国の高校生がオンライン会議 前向きに、できることを模索

5/13(水) 5:28配信

共同通信

 家に閉じこもる日々を、少しでも前向きに―。新型コロナウイルスの影響で休校が続く中、全国の高校生がオンラインの会議で一堂に会し、自身の境遇や今後の生活について議論を交わした。友人と会えないもどかしさや将来への不安を共有しつつ、今だからこそできることを模索した。

 この会議は岐阜と岡山の高校生団体が企画。ゴールデンウイークに開かれ、東京や兵庫、愛媛から35人ほどが参加した。

 自粛中のストレスや孤独感を解消するために歌やダンスを動画にして他人とつながったり、将来の仕事を見据えてプログラミングの勉強に打ち込んだり、それぞれの工夫や思いを語り合った。

最終更新:5/13(水) 5:39
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事