ここから本文です

聖火リレー 日数短縮を検討 同時に複数ルート案も 東京オリンピック

5/13(水) 10:30配信

毎日新聞

 来夏に延期された東京オリンピックの聖火リレーについて、大会組織委員会が日数短縮や規模縮小の検討に入った。13日、大会関係者が明らかにした。

 従来の計画では今年3月26日に福島県を出発し、7月24日の開幕まで121日間で47都道府県を回る予定だった。ギリシャで採火された聖火は3月に宮城県に到着したが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった。

 関係者によると、3000億円を超えるとされる追加経費を削減するため、感染症対策など経費の上積みが見込まれる聖火リレーもあらゆる方法で見直しを検討。日数を大幅に減らすため、国際オリンピック委員会(IOC)が現行の規定では認めていない、同時に複数のルートで実施する案も出ているという。1964年東京五輪では、国内は返還前の沖縄を出発点に4ルートに分かれて約1カ月間で全都道府県に聖火を運んだ。

 組織委は今年参加する予定だった約1万人の聖火ランナーの権利は保持する方針を示しており、経費削減と両立させる方法を模索している。【田原和宏】

最終更新:5/13(水) 11:30
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事