ここから本文です

パイオニア、8型タブレットをカーAVとして使う新システムを発売へ

5/13(水) 11:22配信

レスポンス

パイオニアは5月13日、多彩なコンテンツを大画面で楽しめるタブレット型AVシステムとして、メインユニット「FH-7600SC」、8型タブレット「SDA-700TAB」の組み合わせを発表した。

関連画像を見る

このタブレット型AVシステムは、クレイドル型の2DINメインユニット「FH-7600SC」と8インチタブレット「SDA-700TAB」を組み合わせることで利用可能となる。動画・音楽やナビなど多彩なアプリを、8インチの大画面と車載スピーカーから出力される高音質な音で楽しめる他、バックカメラやステアリングリモコンへにも対応した。価格はいずれもオープンだが、想定売価は「FH-7600SC」「SDA-700TAB」ともに3万2000円を予定する。

「FH-7600SC」と「SDA-700TAB」は、カーAVシステムの大画面化と利用環境フリーという目標を達成するために新たな発想で生まれた製品だ。両者を組み合わせて使うだけでなく、タブレットを取り外して後部座席や車の外で使用することも想定。ナビアプリを使えば最新の地図でドライブもできる。その意味では、まさに従来のカーAVシステムにはなかった発想で開発されたシステムなのだ。

タブレットはHD規格に対応した8型ディスプレイで、クレイドル型のメインユニットにしっかりと固定する安全性にも配慮した設計となっている。取り付け部は高さや奥行きを好みの位置に調節可能な他、温度変化の激しい車内でも安心して使える優れた耐熱・耐寒性能も備えている。もちろんメインユニット取付時にはタブレットは常に充電されるので、長時間利用も問題なし。取り付け部は標準的な2DINサイズとしていることで、幅広い車種のコンソールにスマートに取り付けられるのも嬉しいところだ。

音声は車載スピーカーから出力でき、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生に対応。タブレットにインストール済みの専用アプリ「Pioneer Smart Sync for Tablet」を使用すれば、画面上でオーディオの操作や設定、音質調整なども行える。また、タイムアライメント機能や13バンドグラフィック・イコライザー機能などによって車内の音場を最適化し、車内での高音質再生と最適な音場空間をもたらす。

タブレットを車載AVシステムに使うという新たな発想から生まれた、今まで、ありそうでなかったこのシステム。カーAVの新たなソリューションを生み出すきっかけになるかも知れない。

レスポンス 会田肇

最終更新:5/13(水) 14:53
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事