ここから本文です

コロナは「お化け」のような存在ではない 動物ではメジャー【研究33年ウイルス学者が語る新型コロナ】

5/13(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【研究33年ウイルス学者が語る新型コロナ】#4

 コロナウイルスは、SARSウイルスや中東呼吸器症候群コロナウイルス、新型コロナウイルスを除いては知名度が低く、ウイルスの中ではメジャーな存在ではないと思われる方も多いのではないだろうか。

 しかし、コロナウイルスは動物界に感染するウイルスの中では決してマイナーな存在ではない。

 ウイルス名は、国際ウイルス命名委員会で決められ、他の生物と同様に「種、属、科、目」のように段階的に分類されている。コロナウイルス科のウイルスは、オルソコロナウイルス亜科とレトウイルス亜科に分類される。オルソコロナウイルス亜科のウイルスは、さらにアルファからデルタまでの4つの属に分けられている。

 アルファとベータコロナウイルスは哺乳類に感染している。ガンマとデルタコロナウイルスは主に鳥類に感染している。最新のリストでは、60種以上のウイルスがオルソコロナウイルス亜科に存在する。

 伴侶動物には、臨床上重要なネココロナウイルス(一部はネコ伝染性腹膜炎ウイルスと呼ばれている)、イヌコロナウイルスがある。産業動物には、ブタ伝染性胃腸炎ウイルス、ブタ流行性下痢ウイルスがあって、養豚業に大きな被害をもたらしている。鳥類には、養鶏業で非常に大きな問題となっている伝染性気管支炎ウイルス(気管支炎、腎炎)とシチメンチョウに腸炎を引き起こすシチメンチョウコロナウイルスがある。

 実験動物であるマウスやラットにもコロナウイルスが存在し、非常に恐れられている。マウスコロナウイルスはマウスに肝炎や下痢、神経症状を引き起こし、ラットコロナウイルスは唾液腺や涙腺の炎症を引き起こす。

 新型コロナウイルスは未知とよく言われるが、動物コロナウイルス研究ですでにわかったことは多く、決して「お化け」のような存在ではない。=つづく

(宮沢孝幸/京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授)

最終更新:5/13(水) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事