ここから本文です

黄砂、静岡県内で今年初観測

5/13(水) 12:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡地方気象台は13日、県内で黄砂を目視で観測した。今年に入り初めてで、昨年4月以来の観測。

 同日午前9時までに、西日本から東海地方の広い範囲で観測された。中国大陸の低気圧で巻き上げられた黄砂が偏西風に乗り、日本上空にまで届いたという。

 静岡市駿河区では見通しの利く範囲が約12キロとなり、遠方の景色がぼんやりかすむ様子が見られた。

 同気象台は、13日の県内の最高気温を24~30度と予想。「必要に応じてマスクの着用とともに、熱中症対策にも注意してほしい」と呼び掛けた。

静岡新聞社

最終更新:5/13(水) 14:34
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事