ここから本文です

「コロナ乗じ中国が台湾に圧力」 米議会の諮問機関が報告書公表

5/13(水) 6:38配信

共同通信

 【ワシントン共同】米議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」は12日、中国が新型コロナウイルスの感染拡大に乗じて台湾へ軍事・外交面で圧力を強めていると非難する報告書を公表した。中国の反対で台湾が世界保健機関(WHO)に参加できず、新型コロナを巡る情報共有が阻害されていると批判した。

 米上院は11日、台湾のWHO年次総会へのオブザーバー参加を促す法案を全会一致で可決した。

 報告書は、中国軍の航空機が台湾海峡の中台の中間線を台湾側に越える事案が今年既に3件起きたことなどを挙げ「世界が新型コロナに気を取られている間に、中国は圧力を強化した」と指摘した。

最終更新:5/13(水) 6:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事