ここから本文です

静岡市補正46億1200万円 6月、中小事業者に10万円

5/13(水) 17:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市は13日、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対策として2020年度一般会計に45億6300万円を追加する5月補正予算案を発表した。休業要請に伴う協力金を受け取らない全業種の中小・小規模事業者に一律10万円を支給する事業に27億5千万円を計上した。給付金は6月上旬支給開始を目指す。特別・企業会計の補正額を合わせた総額は46億1200万円。補正予算案は20日開会の市議会臨時会に提出する。

 10万円給付金の申請条件は協力金を受け取らないことのほか、今年4月か5月の1カ月間の売り上げが前年度比30%以上減で、売り上げが年間360万円以上あること。市は市内全体の経済への影響は深刻だと判断し、全業種を対象にした一律支援を決めた。

 特に影響の大きい宿泊、旅行などの観光業で売り上げ50%以上減の事業者には、家賃や光熱費を上限50万円で補助する。雇用調整助成金の申請手続きに必要な経費に助成する事業には1億3400万円を計上した。

 感染拡大防止対策には5億1300万円。新型コロナウイルス陽性判明者の入院費やPCR検査の費用は全額公費で負担する。同ウイルス感染症患者に対応する医療機関に、帰宅困難な医療従事者の宿泊施設を確保する経費を助成する。重症患者を受け入れている市立静岡病院の感染症患者の病床は現在の5床から16床に増やす。

 新型コロナ対策を盛り込んだ補正予算は本年度に入り、3度目の編成となった。財政調整基金の取り崩しは計約40億円となり、昨年度末の見込みで約77億円あった残高は1億1千万円まで減少する。

静岡新聞社

最終更新:5/13(水) 17:05
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事