ここから本文です

富士吉田市出身で県外で頑張る学生に向けた「エール便」 市の特産品など

5/13(水) 14:31配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 富士吉田市は現在、「コロナに負けるな!ふじよしだ若者エール便」の申し込みを受け付けている。(富士山経済新聞)

 新型コロナウイルス感染症の影響で帰省の自粛を余儀なくされ、県外で1人で頑張っている富士吉田市出身の学生に、ふるさとを感じてもらえる富士吉田市の特産品などを送る企画。

 条件は、県外で帰省を自粛している富士吉田市出身の学生(浪人生も含む)で、申請時に両親などの住所が富士吉田市にあること。エール便の内容は、米、水、うどん、ほうとう、レトルト食品、菓子などを予定する。

 市の地域振興・移住定住課担当者は「富士吉田市に住む、ご家族やご親戚、お友達、市民みんなからの応援の気持ちが詰まったエール便で、ふるさとを思い出し、少しでも元気を出してもらいたい。今を乗り切り、コロナが終息したら元気に富士吉田市に戻ってきてください」とコメントしている。

 申し込みは5月31日までで、富士吉田市のホームページから受け付けている。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/13(水) 14:31
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事