ここから本文です

ストリートスポーツ振興プロジェクト「Next Generations」、小中学生向けダンスレッスン動画

5/13(水) 15:54配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 中学生以下を対象としたストリートスポーツの振興プロジェクト「Next Generations」が5月13日、オンラインダンスレッスン動画を公開した。(シブヤ経済新聞)

【写真】Miyuさんがレクチャーするハウスダンス

 同プロジェクトは2018(平成30)年、一般社団法人渋谷未来デザインが中心となり、渋谷にゆかりのある企業や団体と共に立ち上げた。中学生以下(U-15)を対象とした、ストリートダンスやけん玉、スケートボードなどのコンペティションや初心者を対象としたワークショップなどを企画運営してきた。

 今回のオンライン動画企画「DANCE@HOME」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休校が続く小・中学生に、自宅で体を動かす機会を提供したいと、趣旨に賛同したダンサーや制作会社らと共同企画・制作した。

 レッスン動画で講師を務めるのは、ブレイクダンス(ブレイキン)のShigekix(半井重幸)さんと、ハウスダンスのMiyuさん。それぞれ、「ツーステップ」「チェア」「クロスステップ」「ストンプ」などのステップをレクチャーする動画各8本と、全てを組み合わせたコンプリートバージョンを同プロジェクトの公式チャンネルで公開している。

 それぞれ、「家にいる時間が多くなるとついつい運動不足になってしまったり、元気がなくなってしまったりする。こんな時だからこそ家の中でも挑戦できるダンス(ブレイキン)に挑戦して毎日を『元気』に『ポジティブ』に頑張っていきましょう!」(Shigekixさん)、「家にいなければならない今の時期だからこそ、普段はやらないことに挑戦して、少しでも楽しくこの期間を乗り越えられたら。基礎の動きを丁寧に説明しているので、誰でも挑戦できる内容になっている。みんなで楽しく踊りましょう!」(Miyuさん)と呼び掛ける。

 動画公開とともにSNSを活用した企画もスタート。ユーチューブ上にアップされている「撮影用ミュージック」に合わせ踊る姿を撮影し、同プロジェクトのインスタグラムアカウントにハッシュタグ「#いっしょにおどろう」付けるなどして投稿。選ばれた動画は楽曲のミュージックビデオの素材として使うという。楽曲は、幼少期からダンスをしているトラックメーカーのSASUKEさんが手掛けた。応募は今月31日まで。制作したミュージックビデオはユーチューブで公開予定。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/13(水) 15:54
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事