ここから本文です

阪神・能見 最短6・19開幕に照準「逆算はしやすくなる」

5/13(水) 11:40配信

デイリースポーツ

 阪神の能見篤史投手(40)が13日、甲子園での自主練習後にオンライン取材に応じた。

 最短での開幕は6月19日が有力候補に挙がっている。開幕日について「予定として決められたので、逆算はしやすくなる。そこに向けて準備をしていく段階になる」と話した。

 調子については「全然わからない」と話し、「打者の反応とかが欲しいですけど、今はできない状態なので。正直打者には早く投げたいなというのが正直な気持ちです」と今の気持ちを明かした。

 それでも、「まだコロナが完全に収まっている状況ではないので、軽はずみなことは言えないです」と気を引き締めた。

 おうち時間では継続して子供と向き合っている。「接していけば集中力がないのもわかるし、イライラいているのもわかるし、見えてない部分が見えてくるのは面白いかなと思う」と父親としての一面も見せた。

最終更新:5/13(水) 11:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事