ここから本文です

MSCI銘柄入れ替え、日本株は伊藤園など9社を新規採用

5/13(水) 8:05配信

ロイター

[東京 13日 ロイター] - モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では、日本M&Aセンター <2127.T>、伊藤園 <2593.T>、神戸物産 <3038.T>、GLP投資法人 投資証券 <3281.T>、コスモス薬品 <3349.T>、TIS <3626.T>、三浦工業 <6005.T>、レーザーテック <6920.T>、SCSK <9719.T>が新規採用となった。

一方、J.フロント リテイリング <3086.T>、コニカミノルタ <4902.T>、東洋製缶グループホールディングス <5901.T>、SANKYO <6417.T>、アルプスアルパイン <6770.T>、IHI <7013.T>、クレディセゾン <8253.T>、イオンフィナンシャルサービス <8570.T>、商船三井 <9104.T>が除外となった。

5月29日終値をもって入れ替えが行われる。

(伊賀大記)

最終更新:5/13(水) 8:05
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事