ここから本文です

ラグビー=得点規則変更、ゴールポストカバーへのトライ認めず

5/13(水) 9:16配信

ロイター

[12日 ロイター] - 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は12日、得点規則の変更を承認し、ゴールポストカバーへのグラウンディングによるトライは得点として認められないとの声明を出した。

WRは、安全面の理由からポールカバーの形状とサイズが大きくなっているなかで、守備側の選手がそのエリアを反則なしで守ることが難しくなっており、カバーを動かしてポストを露出させてしまうことでケガのリスクも高まっていたと説明している。

WRのビル・ボーモント会長は「われわれの使命はゲームをできるだけシンプル、安全、楽しいものにすること。この規則改定はその使命を反映している。攻撃側はポストプロテクターに対する得点が今後は認められないため、インゴールにボールを接地する必要があり、守備側は得点阻止の公平なチャンスを与えられる」と語っている。

最終更新:5/13(水) 9:16
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事