ここから本文です

山形市立の小中学校、休校17日までに短縮 市教委判断

5/13(水) 18:31配信

朝日新聞デジタル

 山形市教育委員会は13日、今月末までとしていた市立小中学校の臨時休校期間を、17日までに短縮することを決めた。18日から段階的に授業を再開。25日からは通常授業とする。

 市教委は、市内で2週間以上、新規感染者が確認されていないことなどを挙げ、早い再開が必要と判断したと説明した。

 18日から20日までは3時間程度の授業で、給食なし。21日と22日は4時間程度の授業で、パンと牛乳などの簡単な給食も出す。25日からは通常授業し、給食も通常となる。

朝日新聞社

最終更新:5/13(水) 18:31
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事