ここから本文です

吉村知事、TV出演増に「仕事。緊急時の発信が重要」 間違えれば非難「パワーいる」

5/13(水) 14:27配信

デイリースポーツ

 大阪府の吉村洋文知事が13日、大阪府庁で会見。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出される中、テレビ出演が増えたことの狙いや、意識していることについて質問が飛んだ。

【写真】クールビズでも丈長めのEXPOジャンパー着用し会見

 吉村知事は「まず、これは公務ですからね。趣味で出てるわけでも何でもなくて、知事公務としてやってますから。仕事です」と前置きし、「緊急事態こそ、大阪府が何を考えて、どういうことをやっているのかというのを明確に発信することが重要だと思ってやってます。どう考えて、何をするのというのを府民の皆さんにお知らせして、そこである意味リスクを共有する。それによって、ああそういうことかと分かれば、いろんな対応をとれることになると思ってます」と説明した。

 さらに、「僕の基本的な考え方は災害発生時もそうですけど、緊急時こそ、どういうことを考えて、どういうことをやろうとしてるのかを、より情報公開していく、オープンにしていくということが安心につながると思ってます」と付け足した。

 そして、「どんどん情報公開していくと、間違ったことも振り返ったらあるかもしれないから、発信する側からしたらリスクはあるんですけど、できるだけ情報公開・発信することが受け手側に、賛否両論あるにしても、じゃあこうしようとリスクのコミュニケーションを取れるんじゃないかなと」と意図を説明。

 自身が発信しなかった場合を例に挙げ、「大阪府って何考えてるんですか。政策発表しても、何でこれやるんですかっていうのが分からなかったら、府民の中で不安や心配ごとも生じると思うし、我々がお願いしたい行動にもつながっていかないと思うし」と考えを明かした。

 また、吉村知事は「大変ですよ、なかなか。僕がツイッターでブツブツつぶやいたり、ネットでやるより圧倒的に発信力があるわけですから。発言も一歩間違えたら、ワーッと非難されるというのもあるし。僕もメディアに出るときはパワーいります。それでも、それをすることでリスクのコミュニケーションを取れるんじゃないか、そういう思いでやってます」と本音を交えてコメントした。

最終更新:5/13(水) 15:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事