ここから本文です

プレハブ医療施設、1棟目ほぼ完成 神奈川のコロナ対策

5/13(水) 20:23配信

朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、神奈川県が建設中の臨時医療施設の1棟目がほぼ完成し、13日に報道機関に公開された。建物はプレハブの平屋建てで、39床あるうち6床は、重い精神疾患がある感染者のために使われる。

【写真】ほぼ完成した1棟目のプレハブ平屋建ての仮設医療施設=2020年5月13日、湘南ヘルスイノベーションパーク内のグラウンド

 この施設は、民間の研究所「湘南ヘルスイノベーションパーク」(鎌倉、藤沢両市)内のグラウンドで建設が進んでいる。新型コロナに対応した医療体制「神奈川モデル」の中で、重点医療機関の役割を担う。酸素投与が必要な中等症の患者や、基礎疾患がある高齢者を専ら受け入れる。

 1棟目は個室が19室、10人用の大部屋が2室ある。そのうち個室6室が、精神疾患がある患者用となる。

 個室は広さが約15平方メートルあり、たん吸引器や心拍数などを確認するモニターのほか、エアコンや温水洗浄機付きのトイレを備えている。大部屋にはシャワー室もある。患者の受け入れは18日ごろに始まる。

 施設は4月22日に着工した。2棟目(39床)は6月初旬、3、4棟目(31床、36床)は同月下旬と段階的に稼働する予定で、最後の5棟目(35床)は7月初旬を見込んでいる。5棟で計180床が整備される。(茂木克信)

朝日新聞社

最終更新:5/13(水) 20:23
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事