ここから本文です

プロ野球・オリックスの山本がマスク寄贈 契約メーカー通じ200万円

5/13(水) 19:19配信

時事通信

 プロ野球オリックスは13日、山本由伸投手が約200万円分のマスクを大阪府の医療機関に寄贈すると発表した。アドバイザリー契約しているスポーツウエアメーカー、オンヨネ(本社新潟県長岡市)が高性能マスクを製造すると知った山本が、4月末に同社に依頼した。同社を通じて6月中旬に寄贈される。

 山本は球団を通じ「医療現場でマスクなどが不足しているというニュースを見聞きしている中で、何かできることはないかと考えていました」とコメント。その上で「シーズン終了後には勝利数に応じて、その際に必要な機関に寄贈していきたいと思っています」との意向を示した。 

最終更新:5/13(水) 19:26
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事