ここから本文です

日経新聞にサイバー攻撃、社員情報など1万件以上流出 メール経由で新型ウイルス侵入

5/13(水) 12:35配信

ITmedia NEWS

 日本経済新聞社は5月12日、同社グループ従業員のPCがウイルスに感染し、社員らの氏名やメールアドレスなど1万件以上が流出したと発表した。情報が悪用された事例は報告されていない。

【画像】日本経済新聞社のプレスリリース

 流出したのは同社グループの社員、OB、派遣社員、アルバイト、業務委託先社員ら1万2514人分の氏名、所属、メールアドレス。読者や取引先の情報、取材で得た情報などは流出していないとしている。

 8日、同社グループ従業員宛のメール経由でPCがウイルスに感染。日本経済新聞社グループはマルウェア検知システムを導入しているが、今回のウイルスは新型で異常を検知するのが遅れたという。

 同社は外部からの不正な通信を遮断。今後は情報が悪用されていないか監視を続けるとともに、セキュリティ対策を強化する。

 同社グループ関係者に成り済ましたメールが増える可能性もあるとして注意を呼びかけている。

ITmedia NEWS

最終更新:5/13(水) 12:35
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事