ここから本文です

イオンシネマ、16県で営業再開 5月18日から27劇場で

5/13(水) 12:36配信

ITmedia ビジネスオンライン

 イオンエンターテイメントは5月13日、臨時休業中の映画館「イオンシネマ」について、5月18日から16県の27劇場で営業を再開すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の緩和方針や、自治体による休業要請の変更などを受けて再開を決めた。検温などの感染防止対策を徹底しながら営業する。

【一覧】イオンシネマ、営業再開の対象となる劇場

 イオンシネマでは、緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受けて、4月18日から、35都道府県で営業する全92劇場を臨時休業している。

 営業再開の対象となるのは、宮城県や新潟県、三重県など16県の施設。今後の自治体の方針発表などによって、対象施設を変更する可能性もある。

 営業を再開する施設では、感染防止対策を徹底。入場前に非接触体温計で検温を行う、座席の間隔を空けてチケットを販売するほか、接客スタッフのマスクやフェイスシールドの着用、飛沫防止シートの設置などを実施する。また、午後8時以降の上映は休止する。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:5/13(水) 12:36
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事