ここから本文です

矢部浩志、急性骨髄性白血病と肺炎の治療のため入院

5/13(水) 23:52配信

音楽ナタリー

矢部浩志(Controversial Spark, ex.カーネーション)が急性骨髄性白血病と肺炎の治療のため入院していることを発表した。

矢部は自身のTwitterおよびFacebookのアカウントにコメントを掲載。高熱が4日間続いたため検査を行い、入院したことを明かした。新型コロナウイルスの検査は陰性だったという。

1、2カ月後に退院できる見込みで、ファンに向けて「先生は順調だと言ってます。全力で頑張ります^_^皆様、引き続き御自愛ください」と呼びかけている。

最終更新:5/13(水) 23:52
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事