ここから本文です

Amazon、処理能力を向上した8型タブレットの新型「Fire HD 8」を投入 メモリ3GBの「Fire HD 8 Plus」も追加

5/13(水) 22:05配信

ITmedia PC USER

 Amazon.co.jpは5月13日、同社製8型タブレット「Fire HD 8」の新モデルを発表、6月3日から出荷を開始する。家電量販店でも6月中旬に発売の予定だ。

【写真】新型「Fire HD 8 キッズモデル」

 今回のモデルでは、従来製品をベースに処理速度を強化。2GHz動作対応のクアッドコアプロセッサを採用し、前世代比で30%の高速化を実現したとしている。

 ラインアップは、メモリ2GBを内蔵した「Fire HD 8」、メモリを3GBに増強した「Fire HD 8 Plus」、Fire HD 8をベースに専用保護カバーを付属した「Fire HD 8 キッズモデル」の3構成を用意。Fire HD 8/同 Plusは最大9W対応の充電器を付属し高速充電をサポートした。またFire HD 8 Plusは、別売のワイヤレス充電スタンドを用いたワイヤレス充電(Qi対応)にも対応している。

 いずれも、画面解像度は従来モデルと同様の1280×800ピクセル表示に対応するが、ベゼル部分がコンパクト化された。また、microSD(最大1TB)の利用も可能だ。

 Fire HD 8 Plusには、Kindle Unlimitedを2カ月間無料で体験できるクーポンが付属。Fire HD 8 キッズモデルは子供向けコンテンツ「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題で楽しめる他、2年間保証も付属している。

 価格はFire HD 8が9980円(32GBモデル選択時)~、Fire HD 8 Plusが1万1980円(32GBモデル選択時)~、Fire HD 8 キッズモデルが1万4980円だ(いずれも税込み)。

ITmedia PC USER

最終更新:5/13(水) 22:54
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事