ここから本文です

「10万円くれ」と市役所で刃物 銃刀法違反容疑で男逮捕

5/13(水) 21:49配信

共同通信

 千葉県警松戸署は13日、松戸市役所で包丁を所持したとして、銃刀法違反容疑で、同市の自称無職大谷剛容疑者(39)を現行犯逮捕した。市によると、同容疑者は新型コロナウイルスの感染拡大で国が1人10万円を支給する「特別定額給付金」の担当部署で「今すぐ10万円をくれ。もらえないならここで死ぬ」などと言い包丁を出した。けが人はいなかった。

 市によると、大谷容疑者は最初に生活保護の担当課を訪れ「お金がない」と相談。その後、特別定額給付金の部署で「3~4日ごはんを食べていない」などと言って金を要求、対応に当たった職員の前で刃物を出した。

最終更新:5/13(水) 22:00
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事