ここから本文です

水野美紀、ドラマ『M』“スパルタ鬼講師”役作りの裏側を明かす

5/13(水) 18:08配信

オリコン

 女優の水野美紀が、テレビ朝日×ABEMA初の共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜 後11:15~深0:05)の第2話に出演した反響を受け、コメントが到着。に“スパルタ鬼講師”役作りの裏側を明かした。

【写真】そのほかのZOOMバーチャル背景画像

 同ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いたフィクション小説(著:小松成美/幻冬舎)を原作に、ドラマならではの彩りを加えて描き、そのトップスピードかつ怒とうの展開で、『春ドラマ満足度ランキング』では、「話題性」第1位(オリコン・モニターリサーチ調べ)を獲得、ネット上でも話題となっている。

 第2話で歌手デビューを目指し渡米したアユ(安斉かれん)のスパルタ鬼講師として登場した天馬まゆみ(水野)。「燃やすよ~!」「イノシシをやれるくらいのパンチで!」など、一度聞いたら頭から離れない中毒性のあるせりふや独特の厳しい指導方法に、視聴者からコメントが殺到。ツイッターのトレンドに「水野美紀」がランクインするほど大きな盛り上がりを見せた。

 水野は「驚くほどの反響をいただきおののいております。仕掛けの天才、鈴木おさむさんの作品。私は『奪い愛』シリーズに続き2作品目。大映ドラマを彷彿とさせると言われていますが、私はSNSとネット配信というツールを加味しておさむさんが仕掛けた新しいジャンルのドラマだと思います。ストーリーを追うだけでなく全てのシーンが見せ場になる。台本に込められた熱量に負けないようにがんばりました」と、コメント。

 「イノシシをやるほどのパンチで!」などは、水野が考えたアドリブ。「その場で思いついたことをほかにもたくさん言ったりしましたが、こちらとしてはその場の雰囲気作りの意味もあり、ほぼカットされる事を前提として言っています。なのでオンエアに乗るとびっくりしたりします。天馬は、ジャニス(・ジョプリン)、ヒッピー、などのキーワードから完全オリジナルで仕上がりました」と、演技をする上で意識していたことを明かした。

 16日は、2話&3話のリミックスバージョンを放送。自身の登場シーンの中で改めて注目してほしいポイントとして、「安斉かれんちゃんの、こんな人が急に来たらこんなリアクションになるわな、という正しいリアクションに注目して下さい」と話している。

 さらに、番組では視聴者より大きな話題を呼んでいる、水野演じる天馬の名言が表現された番組公式「ZOOMバーチャル背景画像」を全3種類をリリース。すでに公開されている16種類と今回追加された3種類の全19種類そろっている。

最終更新:5/13(水) 18:08
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事