ここから本文です

町長選3、町議選13陣営 古座川町の立候補予定者説明会

5/13(水) 16:35配信

紀伊民報

 任期満了に伴う和歌山県古座川町長選と町議選(6月2日告示、7日投開票)の立候補予定者説明会が13日、同町高池の中央公民館であった。町長選には、出馬を表明している現職と新顔2人の3陣営、町議選(定数10)には現職8人、元職2人、新顔3人の13陣営が出席した。


 町長選で出席したのは、再選を目指す現職の西前啓市氏(71)=自民推薦、無所属=と新顔で元町議の橋本尚視氏(68)=無所属、新顔で元町議の矢本和久氏(60)=同=の陣営。今のところ他に立候補の動きはなく、三つどもえの戦いになる公算が大きい。

 町議選で出席したのは受け付け順に、佃奈津代(69)無現、直見▽樫原貴子(51)無新、西川▽淡佐口幸男(68)無現、池野山▽谷久司(76)無現、高池▽中田善和(68)無現、西川▽坂本卓巳(62)無現、高池▽洞佳和(72)共産現、相瀬▽大屋一成(63)無現、月野瀬▽瀧口定延(73)無現、大桑▽宮本進(75)無元、一雨▽小阪喬(79)無新、相瀬▽尾崎やよい(72)無元、松根▽谷孝士(76)無新、三尾川―の各氏の陣営。

 この日は、町選挙管理委員会や警察などから立候補に必要な手続きや日程、選挙運動の仕方などについて説明があった。町選管の中田定委員長は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底して選挙に臨んでほしいと呼び掛けた。

 前回の町長選にも3人が立候補し、投票率は88・07%だった。前回の町議選には12人が立候補し、投票率は88・03%だった。各陣営とも新型コロナの影響で集会を自粛するなどしている。

 3月2日現在の選挙人名簿登録者数は、2385(男1082、女1303)人。

紀伊民報

最終更新:5/13(水) 16:35
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事