ここから本文です

14インチでわずか870g!ASUS「ExpertBook B9」はまさにテレワーク向き

5/13(水) 7:00配信

&GP

ASUSは、14インチディスプレイ搭載ながら870gの超軽量モデルも選べるノートPC「ExpertBook B9」を発表しました。一般向けモデルの価格はCore i7搭載モデルが税込21万9800円、Core i5搭載モデルが13万9800円です。法人向けモデルも展開します(発売は6月予定)。

【インターフェースなど詳細画像はこちら】

シンプルかつ高耐久な筐体デザイン

本体カラーは「スターブラック」の1色。天板やパープレストなどはマットな質感で、シーンを問わずに使いやすいシンプルなデザインです。耐久性はMIL-STD 810Gに準拠しているので、落下や振動、温度変化や高高度などの過酷な環境にも耐えられる点もウリのひとつ。

ディスプレイは14.0インチで、本体はコンパクトながらもゆったりした表示が可能です。4mmの狭額ベゼルを採用しており、見た目もすっきり。2~3ウィンドウ開きたいなら、このくらいのサイズがあると快適ですね。ちなみにヒンジは180度まで開くの、ディスプレイを水平にして資料を表示することも可能。

プロセッサーには、上位モデルでインテルCore i7-10510Uを、下位モデルでCore i5-10210Uを搭載。メインメモリは共に16GBで、SSDはそれぞれ1TBと512GBとなります。

インターフェースはThunderbolt 3対応のType-Cポートを2つ備えるほか、USB 3.1 Gen2(Type-A)や、HDMI、microHDMIなどを搭載。

ちなみに、ポートは一部構造をステンレススチールで強化。インターフェースもASUSの独自試験として5000回の抜き差しテストをクリア。長期運用を想定しても安心して運用できそうです。

堅牢なキーボードとテンキーを兼ねるタッチパッド

キーボードは標準的なサイズといえます。キーピッチ18.75mmで、キートラベル1.5mm。また、キーの中央は0.15mmほどくぼんでおり、タイピング時の指にフィット。

ZenBookシリーズでお馴染みになりつつあるテンキーを兼ねたタッチパッドも特徴的です。「NumberPad 2.0」と呼ばれ、右上のアイコンをタッチするとテンキーが、左上のアイコンを中央へスワイプすると電卓が表示されます。

なお、独自の1000万回打鍵テストもクリアしており、キーの耐久性もバッチリ。防滴性能も備えています。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事