ここから本文です

日米トップを比喩交え批判「ジャイアンとスネ夫はつくづく似ている」映画『精神0』の想田和弘監督

5/13(水) 0:02配信

中日スポーツ

 ドキュメンタリー映画を手掛ける想田和弘監督(49)が12日、ツイッター上でのデモ活動の旗印「#検察庁法改正に抗議します」のハッシュタグを付けてつぶやき、日米両国のトップを並べて批判した。

 「安倍政権が検察を私物化するために検察庁法を改悪しようとするのとほぼ同じタイミングで、アメリカではトランプに私物化された司法省がマイケル・フリン(元米大統領補佐官)の起訴を取り消した」

 今月に入って浮上した日米の案件について私見をつづった上で、ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相を「ジャイアンとスネ夫はつくづく似ている」。人気アニメ「ドラえもん」のキャラクターに例えてこき下ろした。

 想田監督は2月、世界3大映画祭の一つ「第70回ベルリン国際映画祭」で、最新作『精神0』が「エキュメニカル賞」を受賞した。

最終更新:5/13(水) 0:02
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事