ここから本文です

ヒュー・ジャックマンの気になるロゴ使い! お洒落な胸元に、実はワケあり!?

5/13(水) 11:30配信

Safari Online

ベテラン俳優のヒュー・ジャックマンは、スポーティな着こなしを好む1人。スタイリッシュなモノトーンでまとめつつ、胸ロゴ入りのパーカやTシャツでアクセントをつけているのがうまい。確かにこれならメリハリが効いて、大人っぽくこなれたスポーティコーデに仕上がる。

しかもヒューが凄いのは、ロゴ入りならどれでもいいってワケじゃないところ。ロゴに彼のライフスタイルが表れていて、ポリシーみたいなものを感じるのだ。大人としては、是非見習いたい! というワケで、さっそく彼が着ている胸ロゴアイテムを見ていこう。

Style01 “パドル・ザ・ナイル”の黒パーカ

地元のオーストラリアで、トレーナーと海へ行った帰り道のヒュー。彼が着ているパーカに書いてある“パドル・ザ・ナイル”というのは、サラ・デイヴィスという女性カヤッカーが取り組んでいるプロジェクトのこと。ルワンダにある源流から地中海まで、およそ6650kmにも及ぶナイル川を、カヤックやラフトで下りきるという壮大な計画だ。
ヒューとの詳しい関係はわからないが、サラもオーストラリア在住だから知り合いかも。パーカを着ているということは、彼も応援しているのは間違いない。

Style02 “ドッグパウンド”の黒Tシャツ!

コチラは黒尽くめのスポーティコーデがクールなヒュー。ニューヨークにあるセレブご用達の会員制フィットネス・ジム、”ドッグパウンド”の胸ロゴTシャツがアクセントになっている。ヒューといえば、映画『X-メン』シリーズで見せた見事な肉体美で有名。

もはや日課になっているワークアウトは、彼のライフスタイルそのものといえる。実はこのドッグパウンド、元々はヒューをはじめとしたメンバー十数名による、友人同士の活動だったのだとか。それが正式なジムとなり、ヒューの愛犬をヒントにドッグパウンドという名になったらしい!

Style03 “ラッフィング・マン”の白Tシャツ!

コチラの白Tは、ヒュー自身が経営しているノンプロフィットのコーヒーショップ”ラッフィング・マン”のもの。エチオピアでコーヒー農園を営む男性に出会ったのをきっかけに、そこに携わる人々をサポートしたいというところからスタート。

コーヒーを売った利益をすべて(!)寄付し、プロダクトの流通にかかわる中小企業の経営者にも、ビジネスサポートなどの恩恵があるという驚くべきシステムだ。これはもうヒューの人徳といえるかも。でも、手に持っているのはもしかしてスタバ!?

文=野中邦彦 photo by AFLO

最終更新:5/13(水) 11:30
Safari Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事