ここから本文です

B3ベルテックス静岡、ハザードHCと契約更新…B2昇格決定なしの来季も指揮

5/13(水) 11:11配信

静岡朝日テレビ

 バスケットボールB3ベルテックス静岡が13日、ラシード・ハザードヘッドコーチ(43)と、契約更新で合意したことを発表した。2020-21、2021-22の2シーズン契約になるとしている。
 米ロサンゼルス出身のハザード氏は、レイカーズなどNBAのチームで指導歴があり、ベルテックス静岡とは、2019―20シーズンの途中で契約し、今年2月、ヘッドコーチに就任した。ただ、同シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断したまま終了。4月には、Bリーグ理事会で「2020-21シーズンでは、B3、B2間で昇降格を決めない」と決定した。結果、ベルテックス静岡は、2021-22シーズン以降にB2昇格の可能性を懸けた戦いに取り組むことになるが、ハザード氏は、少なくとも同シーズンまでは指揮を執る運びになった。
 なお、ハザード氏は、新たなビザを取得するため、近く一時帰国し、2020-21シーズンの正式な開催日程が決まり次第、再来日する予定という。

最終更新:5/13(水) 11:16
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事