ここから本文です

【RISE】6月横浜大会中止にラウンドガールも「残念」の気持ちも「今こそRISEを盛り上げよう」

5/13(水) 11:59配信

ゴング格闘技

2020年5月12日(火)、RISEクリエーションは新型コロナウイルスの影響で6月14日(日)神奈川・横浜ぴあアリーナMMでの開催が決まっていた『RISE WORLD SERIES 2020 -63kg Tournament 1st ROUND』の中止を発表した。

【写真】2年連続でR-1SE Forceを務めるグラドルの桜りん

 RISEのリングを華やかに盛り上げるラウンドガールユニット『R-1SE Force(ライズフォース)』のメンバーたちも、この発表を受けてそれぞれSNSに心境を綴っている。

 桜りんは「安全に開催できる日が来ますように。自粛中もRISE熱を絶やさず、開催を楽しみにしています」、美月は「1ファンとしてラウンドガールとしてとても残念で悲しいですが、今の状況の中で1番正しい判断だと思います。コロナウイルスが収束し、1日でも早くみんなでRISEの試合を観戦できることを願いましょう」、加乃ほのかは「本当に楽しみにしていたRISEWS中止になってしまいました。またお客様、選手の皆さまが安全な状態でRISEを行える時が来るのを待っています」とファンと共に再開の日を待つとコメント。

 4月大会の中止が発表された時に「わたし来年も絶対に絶対にRISEラウンドガールのオーディション受ける。1年間一試合も見逃したくない! って想いがより強くなった」と書くなど、SNSでRISE愛を爆発させている清瀬汐希は、「選手のみなさんも練習が出来ず心苦しい状況だと思います。でも事態は少しずつ良くなってきててあともう少しで元の生活に戻る! 今は出来ることをがんばりましょう。みんなで楽しく観戦できるように。今こそRISEを盛り上げよう」と、選手のことも気遣った投稿をしている。

『R-1SE Force』は各年入れ替わり制でオーディションにて選出しており、RISEは今年すでに3大会が中止・延期となっていてラウンドガールも活躍の機会が減っている。

最終更新:5/13(水) 11:59
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事