ここから本文です

なぜ塩浦慎理は2度の入院後、日本新を更新できたのか? 逆境で気付いた「大事なコト」

5/13(水) 12:11配信

REAL SPORTS

新型コロナウイルスの影響により、多くのアスリートが競技ができない状況のもと不安や焦りと闘う中、幾度のケガや病気を乗り越え、さらに進化を遂げながら水泳界で数々の日本新記録をたたき出してきた男がいる。アテネ五輪をきっかけに「オリンピックに出ること」を目指して競技を続けてきた塩浦慎理は、一年後の延期となった特別な舞台・東京五輪へ向けて、現状をどう乗り越えるのか――。

(インタビュー、構成=阿保幸菜[REAL SPORTS編集部]、写真提供=イトマンスイミングスクール)

「日本新記録」はオリンピックに出るための通過点

――塩浦選手は日本を代表するスイマーとして、学生時代から数々の大会で優勝や日本新記録を成し遂げてきましたが、競技生活の中で特に印象に残っていることは?

塩浦:高校3年生の時にインターハイ(全国高等学校総合体育大会水泳競技大会 男子50m・100m自由形)で優勝した時とか、初めて(2013年)日本選手権(水泳競技大会)で優勝した時ですかね。あとは初出場した(2016年リオデジャネイロ)五輪も特別な大会だったし、その時々で印象に残る出来事はあります。

――その中でも、自身にとってターニングポイントとなった出来事はありますか?

塩浦:中学1年生の時に(2004年)アテネ五輪を見て、オリンピックに出たいと強く思うようになったのが一番かなと。そのためにまずは代表選手になることを目指そうと思った瞬間でした。

――競技生活における最初の目標が、オリンピックだったんですね。

塩浦:そうですね。そこに向けてどうしていくか考えていって、例えば世代では絶対に負けられないし、次の段階では自分より上の選手たちを倒していかなきゃいけない。じゃあ、何年頃までに日本一になっていなきゃいけないなとか、そういうことを逆算しながら考えてえてやってきました。

――アテネ五輪を見た時から、ご自身の目標をかなえるための計画をスタートしたんですね。すごいですね。

塩浦:オリンピックは4年ごとに開催されるので、2008年の時は高校2年生だったのでまだ間に合わないと思って。現実的にはその次の2012年ロンドン五輪の時に代表に入ると考えたら、前の年には日本で一番になっていたいなと。日本は特に自由形の選考が厳しく、日本一になるだけじゃまだまだ足りないと考えていましたね。

――その過程において、学生時代から日本新記録を樹立してきていますが、記録を更新することがモチベーションというわけではなく、その先の目標へ向けた通過点として、日本一を取らなきゃいけないという意識だったのですね。

塩浦:そうですね。2012年の五輪に出るために最低でも日本一になって、できたら日本新記録を出しておきたいなっていうのがありました。それぐらいのレベルでようやくオリンピックに届くかなと思ったので。

1/3ページ

最終更新:5/13(水) 12:11
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事