ここから本文です

アメリカ仕込みのボディが大人気!アノ、オデッセイのベースになった5代目 ホンダ アコード【MOTA写真館】

5/13(水) 10:10配信

MOTA

1993年にフルモデルチェンジされ、5代目となったホンダ アコード。5代目 アコードのトピックは、ボディサイズの3ナンバー化、アコード初のVTECエンジン、電子制御式燃料噴射システム「PGM-FI」が搭載されたことだ。

■北米市場を意識したワイド&ローがイカす!5代目アコードの画像はコチラ

1996年から全日本ツーリングカー選手権(JTCC)に参戦し、ホンダのモータースポーツシーンを支えた。
▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

セダンからミニバンに派生した5代目 アコード

5代目になったホンダ アコードは、全米自動車安全基準に適合するため、ボディサイズを1,760mmまで拡大し、登録区分が3ナンバーになった。エンジンは、キャブレター仕様が廃止され、全車PGM-FI仕様へ変更。この電子制御式燃料噴射システムのPGM-FIにより、エンジンのトルクと出力が向上した。

5代目 アコードから、ホンダのアイコンでもある可変バルブタイミング・リフト機構の「VTEC」エンジンを搭載。スポーティーで吹け上がりの良いホンダらしい走りを手にいれている。

また、1994年、5代目 アコードをベースとしたミニバン オデッセイがデビュー。瞬く間にヒットモデルとなったオデッセイはミニバンブームの火付け役になった。

■レースの世界でもトヨタ、日産と三つ巴の戦い
1996年、これまでのシビックフェリオに変わり、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)に参戦。参戦した年に服部尚貴がドライバーズチャンピオンを獲得。翌1997年は、中子修がドライバーズチャンピオンを獲得し、TEAM無限HONDAがチームタイトルを手にするなど、モータースポーツでの活躍も見逃せない。トヨタ エクシヴ、日産 プリメーラ、ホンダ アコードの熱いバトルは、多くのファンを熱狂させた。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,675mm×1,760mm×1,410mm
■エンジン
・直列4気筒 1800cc SOHC F18B型 ベルト駆動
・直列4気筒 2000cc SOHC F20B型
・直列4気筒 2200cc SOHC VTEC F22B型
・直列4気筒 2200cc DOHC VTEC H22A型
■駆動方式:前輪駆動
■トランスミッション:4速AT/5速MT
■ボディタイプ:4ドアセダン
■価格:179万8000円~249万9000円

MOTA編集部

最終更新:5/13(水) 10:10
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事